精度設計と3次元設計概論

ねらい 3次元設計の必要性を理解するとともに、機械技術者が押さえておくべき寸法公差と幾何交差に関する基本的な精度設計の習得を目指します。
内 容

近年、設計の質の向上及び効率化の観点から、設計技術者は3次元設計能力の習得が必須となってきました。本講義は機械技術者に必要とされる寸法公差及び幾何公差に関する基本的な精度設計について解説し、演習問題を行って理解を深めていただきます。続いて、3次元設計のプロセスとその利点及び3次元設計標準化の動向を概説します。

1.精度設計
(1)製図における交差表示方式の基本原則
(2)寸法公差
(3)幾何公差
(4)演習問題
2.3次元CAD/CAEを用いた設計プロセス
(1)企業における製品開発プロセスと機械設計の役割
(2)3次元設計とは
(3)3次元CADが製品設計にもたらしたもの
(4)3次元CADとコンカレントエンジニアリング
3.3次元設計標準化の動向
講 師 ながおか新産業創造センター
センター長
山田 隆一

トップページ

ページの先頭に戻る