図面の見方・描き方

ねらい 図面は工業上の言語であるとよく言われます。それは、図面が設計者と製作者の意思疎通を図る唯一のものだからです。したがってそこには共通認識がなくてはなりません。この共通認識の拠り所となるものがJIS製図規格です。ここではJIS製図規格に則った図面の見方・描き方の基礎を説明します。
内 容 図面は3次元の物体を2次元の紙面上に表現するため、投影法という手法を用います。投影法による投影図には外側から見た外形図の他に、内部の形状を示す断面図を始めとする特別な図示方法があります。また、図面には物体の寸法、表面の仕上がり状態等を示さなければなりません。
これらの内容の基礎的な部分について演習問題を交えながら以下の項目に沿って講述します。

1.製図の概要(文字、線、尺度、図面の様式)
2.投影法と投影図
3.断面図、他の特別な図示法、慣例図示法
4.寸法記入法
5.機械要素の製図法
6.表面性状
講 師 ながおか新産業創造センター
センター長
山田 隆一

トップページ

ページの先頭に戻る