接合

ねらい 金属材料の接合を中心に接合原理や継手構造についての理解を深め、継ぎ手性能の改善策や接合方法の選択の幅を広げます。
内 容

接合は部品の組立工程において重要な技術の一つであり、ボルト等による機械的締結と比較して、継ぎ手構造が単純で材料の削減、軽量化が可能なことや、継ぎ手効率が高いこと、気密性に優れる等の利点があります。一方で、適用を誤れば接合欠陥や部品材質の劣化などを生じ、時に重大な事故につながる場合もあります。接合継ぎ手の機能を十分に発揮するためには、施工技能とともに材料や使用条件に応じた接合方法・接合条件の選定、適切な継ぎ手形状の設計等の知識が必要であるほか、起こり得る接合不良や検査方法への理解も重要になります。
本講義では、金属材料の接合に関わる各種の接合法や各種材料の接合性等について、実際の施工事例の紹介を交えて解説します。

1. 様々な接合方法
溶かして接合する(溶接)
溶かさずに接合する(固相接合)他
2. 各種金属材料の接合性
3. 接合部の力学
4. 接合部の検査・試験方法

講 師 (公財)にいがた産業創造機構
シニアエキスパート
平石 誠

トップページ

ページの先頭に戻る