品質管理と生産保全

ねらい 現代の製造業においても重要な事項である、品質管理と管理限界の基本知識に始まり、設備の生産保全やメインテナンスについて再確認します。
内 容 日本の製造業を支えてきた「生産・工程管理」「品質管理」「機械・設備の保全・メインテナンス」などは現代においても重要な手法ですが、昨今の製造現場では古い知識として軽視されつつある様子です。
そこで、生産計画から製品の品質管理と3σの管理限界、設備の保全などの考え方について再確認を行います。

1.品質管理と管理図
2.3σと管理限界
3.工程能力指数(Cpk)
4.設備の生産保全とメインテナンス
5.アベイラビリティー
6.工程管理
7.品質管理と生産保全のバランスでコストパフォーマンスを向上
講 師 新潟工科大学
工学科 教授
寺島 正二郎

トップページ

ページの先頭に戻る