プロダクトデザインの世界

ねらい なぜ、モノづくりに「デザイン」が必要なのかを理解し、実践する上でのポイントについて学びます。
内 容 誰もが知っている「デザイン」という言葉ですが、これほど曖昧で、多様な意味で用いられる言葉もありません。ここでは「デザイン」とは何かを理解し、その歴史、経営資源としての意味、デザインを実践するうえで配慮すべきこと、その実践事例までを具体的に説明します。

1.デザインとは何か?
2.モダンデザインの歴史
3.経営資源としてのデザイン
4.美しくするために
5.使い易くするために
6.デザイン思考と発想の方法
7.デザインと商品の価値
8.これからのプロダクトデザイン
講 師 長岡造形大学
プロダクトデザイン学科 教授
土田 知也

トップページ

ページの先頭に戻る