転がり軸受の設計

ねらい 転がり軸受は、回転機械を支える重要な機械要素です。最近の技術動向を交えながら転がり軸受の種類、用途、精度、寿命計算の方法及び転がり軸受を使用した機械の設計方法などの理解を深めます。
内 容
近年、高精度化、静粛化、ロングライフ化が進んでいる「転がり軸受」の現状を概観するとともに、転がり軸受を用いた機械の設計方法を習得します。

「転がり軸受」は、安価で使いやすく便利であるため、広く用いられています。近年、より高精度、静粛、更にはロングライフ化された高度な転がり軸受が種々開発されています。

本講義では、以下のポイントに絞り「転がり軸受」の概略及び転がり軸受を使用した機械の設計方法について解説します。
 
 1.「転がり軸受」の用途
 2.「転がり軸受」の生産量と製造プロセス
 3.「転がり軸受」に関する最新技術
  (1)セラミック軸受、DLC軸受
  (2)ポリマー潤滑剤を封入した転がり軸受・転がり案内
 4.「転がり軸受」を使用した機械の設計

講 師 長岡技術科学大学
機械創造工学専攻 教授
太田 浩之

トップページ

ページの先頭に戻る